2005年10月08日

コミュニケーション問題を過大評価するな

会社勤めしている人なら、間違いなく聞いた言葉として「コミュニケーションを良くしよう」というのが有る。

僕も、もう耳にたこができるほど、この言葉を多くの会社で聞いた。

で、色々と考えてみたら、実は「コミュニケーションを良くしよう」という命題の前に、もっと先に解決しないといけない問題が横たわっていることに気がついた。

それは、「どう考えるか?」「何を考えるか?」ということだ。

つまり、コミュニケーションスキルとは所詮「何を考えているか」を相手にうまく伝える能力を言っているのだ。

でも、良く考えると、どんなにコミュニケーションスキルが高くても「とんでもないこと」を考えていたら、アウトだ。


まずは、「いいアイディア」があり、それを相手にうまく伝えるのがコミュニケーションスキルなのだ。

口数が多くても、うすっぺらな内容だったら、どうしようもない。
どんなに愛想が良くても、こちらにメリットがないと誰も聞いてはくれない。


コミュニケーションスキルやコミュニケーションが問題だ、と言うのはコミュニケーションを過大評価していると思う。

もちろん、コミュニケーションスキルは大切なスキルであることには間違い無い。
なぜなら、どんなに素晴らしいアイディアでも、それがうまく相手に伝わっていないと、これまたアウトなのです。

そんなこんなを考えていきましょう。


posted by ホーライ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーションの問題点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7879683

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。